マーケットは蛇のよう

沖縄観光 > メディア > マーケットは蛇のよう

マーケットは蛇のよう

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利幅を上げる投資です。

 

売買の値段は二十四時間変動しています。

これがマーケットです。

 

インターネットでニュースをみていると、外貨の為替相場のニュースが流れることがあります。

 

例としてあげると、「今日のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を表しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを提示しています。

 

言い換えると、FXには買いと売りの値があります。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示している取引業者も存在しています。

 

一般的に売値が買値よりも小さくなるものです。

 

買うときには高く、売るときには安くなるのです。

 

その差額をスプレッドといい会社の収益の1つになっています。

 

スプレッドの広さは業者によって異なります。

 

スプレッドの差はあなたにとって負担になるので、低いFX取引会社を選んだほうが儲けられます。

 

ただ、同じ会社でも場面に応じてスプレッドの広さは変動します。

 

仮定として日常的にはドルと円の組合せでたった1銭のスプレッドの広さだったとしても為替の動きが大きい場面では1銭よりも大きくなったりします。

 

そのため、スプレッドが狭いのと同じく固定している事が不可欠です。

 

最近では動かないスプレッド幅を見せる取引会社も多数存在しています。

 

現実に取引会社の売買画面内で実際の為替相場をチェックしなければ評価できないので手間がかかりますが、肝心な事です。

 

大切な投資資金を賭けてエントリーをしますので、現実のエントリーの前に関心があるFX業者の口座開設をして示されているスプレッドの狭さを点検しましょう。

 

同じ外貨でも、市場の状態によって、外貨のスプレッドの差は変化します。

 

おおむね、インターバンクで取引量の多くて、流動性の高い通貨ではスプレッドの広さが小さく残りのペアではスプレッドの広さが広くなる事が多いです。

 



関連記事

  1. マーケットは蛇のよう
  2. たまにしてみると楽しいかも(=^▽^=)